FXのインカムゲインで利益を狙う

 

FXで利益を狙う方法として人気なのが、キャピタルゲインです。しかし、インカムゲインでも利益を狙えるため、侮れません。
キャピタルゲインとは通貨の売買で生じる差額で利益を狙う方法で、一気に大金を稼げるため多くのトレーダーから注目されています。一方、インカムゲインは通貨の金利を活用した利益の狙い方です。FX初心者でも比較的利益を狙いやすいとされる手法で、キャピタルゲインが難しく感じるときにはインカムゲインに的を絞って取引をしてみるのもおすすめです。
金利差を狙ったインカムゲインですが、FXの世界ではスワップポイントを受け取ることで実現します。FXで取引できる通貨の金利は、それぞれの国の中央銀行による政策金利を基準に設定されており、違いが見られます。基本的に、先進国ほど低金利が適用されます。良い例が日本です。日本の円はマイナス金利が適用されている状態で、ほとんど金利が付きません。米ドルも同様ですが、日本円よりもやや金利が高めです。一方、新興国になると、ぐっと金利が高くなります。トルコリラや南アフリカランドが良い例です。
金利差がある通貨ペア同士を取引すると、その差額が調整されます。金利の低い通貨で高金利の通貨を購入した場合、金利差で生じたスワップポイント分を受け取れます。これがインカムゲインによる利益となります。また、高金利の通貨を長く保有すればするほど、インカムゲインによる儲けが大きくなります。スワップポイントはFX業者から1日1回受け取れるからです。その通貨を手放さない限り毎日受け取れるため、楽に資産を増やせるのが魅力です。FX業者の休業日には受け取れませんが、土日祝日も関係なくスワップポイントは発生します。この場合、営業日に休業日分のスワップポイントをまとめて受け取れるパターンがほとんどです。
1日のスワップポイントによる儲けは微々たるものですが、長期保有で雪だるま式に増やせます。短期間で売買を繰り返す手間がないため、時間に余裕がないトレーダーでも無理なくFX取引を楽しめる魅力を持っています。
注意点として、高金利の通貨で低金利の通貨を購入する場合には、逆に金利差分をトレーダーが支払わなければならないことを忘れないでおきたいところです。また、長期保有中に為替レートが変動し、キャピタルゲインで損失を被るリスクも存在します。インカムゲインを狙う手法は、比較的安全だと判断できる為替レートのときに購入するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。