無価値になる投資とならない投資

 

投資には無価値になる投資と無価値にならない投資があります。これらの違いは手元に投資したものが残るか残らないかを意味し、例えば、株式への投資の場合、投資した会社が倒産してしまうと株券は意味を成さなくなるため無価値となります。一方で貴金属への投資については貴金属が盗まれない限りは手元に残り、売買をすることで資産となるのです。では、仮想通貨はどうかと言うと、こちらは無価値にならない投資があります。これらの違いは手元に投資したものが残るか残らないかを意味し、例えば、株式への投資の場合、投資した会社が倒産してしまうと株券は意味を成さなくなるため無価値となります。一方で貴金属への投資については貴金属が盗まれない限りは手元に残り、売買をすることで資産となるのです。 では、投資法の一つである仮想通貨はどうかと言うと、こちらは手元に残るのは取引をしたデータが自己所有の端末に残すことができ、この端末の中に現金となるデータが入っていますので手元に残すことが出来ますが、条件として価値が変動する通貨が手元に残っている状態で、データをアップデートしないと失われる現金です。 つまり、手元に現金として残ってはいるが条件付きで条件をクリアしなければまったくの無価値なデータとなるという意味です。このように投資には、手元に投資したものが残り価値を生み出すものと手元に残らず生み出さなくなるものがあり、これらを踏まえたうえでどの投資をするかを考えるのが望ましいです。 例えば、不動産への投資ですが、こちらは、建物の所有権を購入し、収入を得ることで投資する方法です。不動産投資の利点としては新しい建物などにおいては立地場所によって人気があり、高値でも入居者が見つかり収入を得ることが出来るという利点があり長期的に見て収入を得ることが可能です。 ですがデメリットとしては、買い手が付かない不動産の場合、だんだんと資産価値が失われていきます。このように長期的に保存を必要とするものでかつ、鮮度がある物、不動産などにおいてはメンテナンスを行う費用などを含めると、利益を得ようと考えるのであれば、まずは買い手が付くこと、建物の新しさなどを判断し不動産を購入するのがベストになります。以上が価値が大きく失われ、無価値となる投資とそうならない投資ですが、いずれの投資法も時期やタイミングによっては価値を大きく損なうため、如何に手元に残る投資法であっても資産としてマイナスになった場合、今後については考える必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。